平木すすむ政治哲学
南部副都心づくりこそ新生高松の出発点です

今、少子高齢化の中で最も要望される事は、住民の健康を守る体制づくりです。合併で海から山まで広域圏となった高松市にとって、高松市中心部(県立中央病院等)と東部(香川医大)に続く南部の三極広域医療基地体制が必要です。
仏生山農業試験場跡地エリアは、病院城下町です


商店街は、高齢者王国の首都です
 

車に乗れない光齢者が増え、車型社会の中で生まれた郊外タウンのゴーストタウン化が進行中です。病院などの健康サポートゾーン、生活支援の生活市場、触れ合い支援の文化ゾーンなどが充実すれば、全国光齢者大集合の快適な街となります。
高齢者にとって商店街は安全で安心な街です


高齢者王国づくりこそ新生香川の出発点です
 

高齢者は、人生の経験と知恵一杯の仁人生の達人。だから、高齢者は、高い年齢ではなく光る年齢の光齢者。もうすぐ光齢者の人口は、県下の人口の約30%。最大の人口です。だから、光齢者の元気づくりこそ香川の元気づくりです。
商店街は、高齢者王国の首都です


輝く女性社会づくりこそ新生香川の原点です
 

今、女性の有業率は70%を超えています。女性が子供を産み、育てやすく働きやすい社会づくりの推進が必要です。



全国で初めて四国の公共交通を考える議員連盟を設立
 

四国は3%経済。そんな四国が全国と競争すると生き残りが難しいといわれている。鉄道・バス・フェリー・飛行機も同じです。議員一人一人の力では弱い。四国の議員が結束する事で、四国の公共交通を守ろうと立ち上げたのが設立目的です。

 
四国に新幹線導入を!!
 

新幹線のある街、導入予定の街は発展しています。このような全国高速交通体制の中で、新幹線計画がないのは四国のみ。今こそ四国独立の輝きの為にも新幹線導入ののろしが必要です。

平木すすむ